【口コミ/レビュー】奇跡のおくるみ スワドルアップをおすすめする理由

fukudna1@

子育てにはいろいろ悩みがつきものですが、その中でも大きな悩みの一つが『寝かしつけ』の方も多いかと思います。

私も2人の育児をする中で、日中の寝かしつけにはなかなか苦労していましたが、長男の新生児期から使用していた奇跡のおくるみ スワドルアップのおかげで、夜間の寝かしつけはほとんど苦労せずに過ごせたので、こちらでご紹介します!!

個人的には、買ってよかった育児グッズNo.1です

スポンサーリンク

スワドルアップとは?

2008年にオーストラリアで誕生し、現在日本を含む多くの国々で使用されています。

スワドルアップは、自然な寝姿勢を取ることができるおくるみで、モロー反射の衝撃を軽減する効果もあり、赤ちゃんがより長く良質な睡眠を取ることができるとされています。

メーカーのアンケート調査では、84%もの赤ちゃんの睡眠時間が増加したと回答され、その増加時間はなんと3時間35分だったそうです!

使用したサイズと種類は?

長男は生後2ヶ月を過ぎた頃に使用を開始して、寝返りが簡単にできるようになった生後8ヶ月頃まで使用していました。次男は現在生後3ヶ月で今も使用中です。

<長男(夏生まれ)>
生後1ヶ月~4ヶ月頃:Stage1 バンブーライト Sサイズ
生後4ヶ月~8ヶ月頃:Stage2 オリジナル   Mサイズ

<次男(冬生まれ)>
生後1ヶ月~生後3ヶ月現在:Stage1 バンブーライト Sサイズ/Mサイズ

擦り切れて穴が空いてしまったりで、結局合計3枚購入しました。
サイズ感と生地の感じは以下の写真のとおりです↓(着ている子は生後3ヶ月、体重約6キロです)

Stage2のオリジナルのMサイズを着せた写真は以下です↓

スワドルアップを使用した感想

私は出産前から友人たちに、出産後の睡眠不足は覚悟した方がいいよ!と言われていたので、話題になっていたスワドルアップを出産前に既に購入していました。

効果は抜群!

長男出産後、新生児期の1ヶ月はスワドルアップを使用しないで過ごしていたのですが、夜泣きが多くてあまりにも寝れないので、1ヶ月を過ぎた頃から夜だけ使用を開始したところ、既に2ヶ月の時点で夜は授乳の1回しか起きないことが多くなりました。
3ヶ月を過ぎると、夜10時に寝ると朝5時くらいまで寝てくれるようになり、かなり穏やかに育児ができるようになりました。

ちなみに、私は夜さえ寝てくれれば良かったので、夜だけスワドルアップを使用して、昼間は使用せずに寝かせていました。

次男も生後1ヶ月を過ぎたころから使用を開始し、長男よりは効果が弱い気がしていますが、それでも生後3ヶ月頃には夜は1回しか起きないことが多くなってきています。

長男・次男ともにかなりの効果があり、本当に買って良かったです!!

着せたままオムツ替えができる!

ちなみに、スワドルアップはジッパーが上下から開くようになっているので、着せたままオムツ替えができるのがとても良いです↓

スワドルアップの卒業について

私もスワドルアップの効果を実感しているひとりではありますが、スワドルアップの卒業についてはかなり不安がありました。Stage2で袖を外した途端寝なくなった、などの口コミもあったので、卒業時期はかなり迷いました。

ですが、寝返りを頻繁にするようになってきた生後8ヶ月頃に、意を決してStage2の両袖を外して寝かせたところ、朝まで普通に寝てくれました笑。次の日は、スワドルアップを着せないで寝かせましたが、それでも朝まで寝てくれて、長男はあっさり卒業できました。

次男はまだ寝返りができないので、また卒業ができたら結果をご報告しますね。

スワドルアップの効果がない場合もある

私の場合は長男も次男もとても効果がありましたが、私の周りでも効果がなかった、という人もいるので、やはり個人差はあるかと思います。

また、値段も5,000円前後と決して安くはないので気軽に買いづらいですが、夜泣きで悩んでる方はぜひ一度試してみる価値はあると思います。

子育ては大変なことも多いですが、便利なものにはうまく頼っていきたいですね

参考までに、以下にスワドルアップのそれぞれの種類のリンクを貼っておきます。

スワドルアップ Stage1 オリジナル
スワドルアップ Stage1 ライト
スワドルアップ Stage1 バンブーライト
スワドルアップ Stage1 オーガニック

スワドルアップ Stage2 オリジナル トランジションバッグ
スワドルアップ Stage2 ライト トランジションバッグ
スワドルアップ Stage2 バンブーライト トランジションバッグ

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました