【口コミ】道の駅常総は子どもの遊び場にも最適!

fukudna1@

道の駅常総は、茨城県常総市に2023年4月に新しくオープンした道の駅です。農作物の宝庫である茨城県の食材を集めた食のテーマパークとして、たくさんの食材やお料理、スイーツを食べることができます。

先日、子どもと一緒にこの道の駅に遊びに行ってきたので、その体験をレビューとして共有したいと思います。【2023年6月の平日に訪問】

スポンサーリンク

道の駅 常総とは?

2023年4月にオープンした、茨城県で16番目となる道の駅です。国道294号に面しているため、茨城県の他の地域や、千葉県からのアクセスも良いです。また、圏央道のインターチェンジも近いため、遠方からのアクセスも抜群です。

また、電車でも関東鉄道常総線 三妻駅から徒歩20分と、車がなくてもお散歩がてらに行くことができます。

道の駅常総 (michinoeki-joso.com)

おすすめグルメは?

茨城県の名産のメロンや常陸牛をはじめとして、茨城県の食材を使用した以下のお食事処があります。

  1. 常総いなほ食堂・・・常陸牛、ローズポーク、海鮮丼、そばなど定食が中心。
  2. TAMAGOYA 常総レストラン・・・親子丼、オムライス、ハンバーグなどの食事以外にも、パンケーキやパフェなどのデザートメニューも豊富です。お子様セットもあります
  3. ぼくとメロンとベーカリー。・・・目玉のメロンパンを中心としたベーカリー。店専用の座席はありません。
  4. ぼくとメロンとソフトクリーム。・・・メロンソフトクリームやメロンパンソフトなどを販売。店専用の座席はありません。

TAMAGOYAのお子様セットは車の器に入っていて子どもも喜びそうです!

私が行ったのは平日でしたが、オープンから1ヶ月以上経っているにも関わらずかなり混んでいました。。常総いなほ食堂やTAMAGOYA、ベーカリーも行列で、子連れではとても並べなかったのでアイスクリームを食べて来ました。

メロンの味もしっかりしていておいしかった~

見た目もメロンみたいで可愛かったよね!

お店の中で食べることができるのは常総いなほ食堂とTAMAGOYA 常総レストランのみとなりますが、道の駅自体で海鮮丼やお弁当などが販売されているので、そちらで購入してテラスで食べるのもいいですね!

子どもの遊び場はあるの?

さて、肝心の子どもの遊び場ですが、そちらもしっかり考えられていて、親としてはありがたかったです。

道の駅直結の滑り台

道の駅のテラスに直結した滑り台があり、子どもも喜んで遊んでいました。(人がいた箇所にはモザイクを入れています)

隣にあるTSUTAYA

道の駅の隣にTSUTAYAもオープンしていて、そのTSUTAYAのテーマのひとつが「親と子」であるため、子どもに嬉しい仕掛けがたくさんありました。

児童書コーナーの滑り台

おもちゃの試し遊びができるスペース

Kusu-guru キッズパーク(別料金)

ネット遊具・ブランコ・ボルダリング遊具

こちらは大きめのネット遊具などがあり、小学生くらいの子どもでも楽しめそうでした。

授乳室はあるの?

乳児を連れていくには授乳室も大事なポイントですが、TSUTAYAにばっちり授乳室とオムツ替えスペースがありました!平日でもそれなりに人の出入りがあったので、休日は少し混み合うかもしれません。

また、道の駅の自動販売機に、なんとオムツとおしり拭きが売っていました

オムツの自動販売機初めて見ました。うっかり忘れてしまっても安心ですね。

道の駅常総の詳細情報

【営業日】年中無休
【営業時間】9:00〜17:00
【所在地】〒300-2508 茨城県常総市むすびまち1番地
【アクセス】車:国道294号沿い、常総ICからすぐ 電車:関東鉄道常総線 三妻駅から徒歩20分
【電話番号】0297-38-7570
【駐車場】無料

まとめ

まだオープンして1ヶ月程度のためかなり混み合っていますが、もう少し落ち着いてきたらまた子どもと遊びに行きたい!と思える施設でした。

ぜひみなさんも一度遊びに行ってみてください

格安レンタカーを比較・予約
スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました