【茨城】子どもと船に乗れるスポット8選!

fukudna1@

子どもに船に乗る経験をさせてあげたいけど、なかなかその機会がないという方も多いですよね。そこで今回は、茨城県で子どもと船に乗れるスポットをエリアごとにまとめました。体験レポート付きのスポットもあるので、ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

茨城で子どもと船に乗れるスポット

県央

大洗観光地遊覧船 海賊船パイレーツ(大洗町)

大洗町漁協卸売市場前より日曜祝日に運航している観光船で、海賊船のような赤と黒のカラーが目印の観光船です。所要時間は30分程度で、大洗から太平洋の大パノラマを堪能することができます。

引用:海賊船パイレーツ | 茨城 大洗 おすすめの人気観光・お出かけスポット – Yahoo!トラベル
住所茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253
営業時間10:00~17:00 ※日曜、祝日のみ運航
出航予定時間:10時/10時50分/11時40分/12時30分/14時/14時50分/15時40分
定休日平日、土曜日
料金中学生以上1300円、小人600円 ※3歳未満は無料
駐車場あり(大洗海鮮市場の駐車場を利用)
アクセス電車:鹿島臨海鉄道「大洗駅」から循環バス「海遊号」で約6分
車:東水戸道路「水戸大洗IC]から約10分
電話番号080-6707-1034
ホームページhttp://www.oaraishinsengumi.com/

鹿行

潮来十二橋めぐり(潮来市)

潮来にはかつて水路が縦横に張り巡らされており、人家を行き来するために小さな橋がかけられていました。このような橋が12あったため十二橋と呼ばれており、この十二橋めぐりでは、遊覧船の他に手漕ぎの「ろ舟」も運航しています。あやめまつり期間外は基本的に事前予約が必要となります。

引用:十二橋めぐり | 潮来市公式ホームページ (itako.lg.jp)
遊覧船(民営)
住所茨城県潮来市潮来
料金<前川十二橋めぐり>
30分コース:4名までは1艘あたり6,000円、4名以上は1人あたり1,500円
<加藤州十二橋めぐり>
70分コース:4名までは1艘あたり8,000円、4名以上は1人あたり2,000円
40分コース:4名までは1艘あたり6,800円、4名以上は1人あたり1,700円
問い合わせ遊覧船事業者ごとに営業時間等は変わりますので、直接お問い合わせください。
➤あやめ丸遊覧船 0299-78-2761
潮来シャンティパレスときた 0299-63-2211
いたこ丸遊覧船 0299-62-3369 ※年間通して運航
➤よしきり 080-5184-9775
ろ舟遊覧(市営)
住所茨城県潮来市潮来591-1 津軽河岸あと広場(乗船場所)
※5~6月のあやめまつり期間中は水郷潮来あやめ園発着
営業時間9:00~16:30 ※雨天・荒天の際は中止
定休日月曜日定休(月曜日が祝日の際は火曜日)※あやめまつり期間中は毎日運航(予約不可)
あやめまつり期間外は3日前までの予約制なので注意!
料金30分コース:大人1,300円、子供(小学生)700円、小学生未満無料
駐車場あり/14台
アクセス電車:JR鹿島線「潮来駅」徒歩7分
車:東関東道「潮来IC」から約10分
電話番号0299-94-2800
ホームページろ舟遊覧 | 潮来市公式ホームページ (itako.lg.jp)

鹿島港内一周見学船ユーリカ号(神栖市)

世界最大級の堀込式港湾である鹿島港に入港する巨大タンカー船や、大型クレーンでの踏み下ろしの風景を海上から遊覧船「ユーリカ」にて見学することができます。1周は約45分程度で、個人の乗客は土日祝日のみ乗船することができます。

引用:鹿島港内一周見学船「ユーリカ」|神栖市観光協会 (kamisu-kanko.jp)
住所茨城県神栖市東深芝12
営業時間定期便13:30~14:15(1日1便、定員になり次第発券終了)
運航日個人:土・日・祝日(年末年始除く)
※当日の天気、気象条件により運航中止の場合あり
料金大人1,260円、小人630円
駐車場あり
アクセス電車:JR鹿島線「鹿島神宮駅」からタクシーで約15分
車:東関東道「潮来IC」から約20分
電話番号鹿島埠頭株式会社 船舶部船舶営業課 0299-92-3033
ホームページ港内遊覧船 – 鹿島埠頭 (kashimafuto.co.jp)

観光帆引き船(行方市)

日本で2番目に広い湖である霞ヶ浦でかつて漁に使われていた帆引き船を、観光帆引き船として復活させ、現在も霞ヶ浦の夏から秋にかけての風物詩として受け継がれています。見学する際は帆引き船自体に乗船するのではなく、随伴船に乗って近くから見学する流れとなります。なお、霞が関に面する行方市、かすみがうら市(県南)、土浦市(県南)の3市で夏から秋にかけて操業されています。

引用:観光帆引き船(行方市) | 観光いばらき公式ホームページ (ibarakiguide.jp)
住所茨城県行方市茨城県行方市麻生421-3(麻生地区)
茨城県行方市玉造1234(玉造地区)
運航時刻13時30分、15時30分
操業期間9月上旬~12月上旬までの毎週土日
料金大人2,000円、小人1,000円、未就学児無料
駐車場あり
アクセス■麻生地区
車:東関東道「潮来IC」から約15km
■玉造地区
車:常磐道「土浦北IC」から約25km
電話番号行方市観光協会(行方市役所商工観光課内)
平日:0291-35-2111 休日:080-1129‐1190(麻生地区)、0299-55-1221(玉造地区)
ホームページ観光帆引き船(行方市) | 観光いばらき公式ホームページ (ibarakiguide.jp)

県南

観光帆引き船(かすみがうら市、土浦市)

日本で2番目に広い湖である霞ヶ浦でかつて漁に使われていた帆引き船を、観光帆引き船として復活させ、現在も霞ヶ浦の夏から秋にかけての風物詩として受け継がれています。見学する際は帆引き船自体に乗船するのではなく、随伴船に乗って近くから見学する流れとなります。なお、霞が関に面するかすみがうら市、土浦市、行方市(鹿行)の3市で夏から秋にかけて操業されています。

引用:帆引き船 | かすみがうら市観光協会公式ホームページ (kasumigaura-kankou.jp)
かすみがうら市
住所茨城県かすみがうら市坂4784番地先(かすみがうら市交流センター)
運航時刻13時00分、14時15分
操業期間7月下旬~11月中旬までの毎週日曜日
料金大人2,000円、小人1,000円、未就学児無料
駐車場あり
アクセス常磐道「千代田石岡IC」または「土浦北IC」から車で約35分
電話番号かすみがうら市観光協会 電話番号:029-897-1111
操業当日: かすみがうら市交流センター 電話番号:029-896-1226
ホームページ帆引き船 | かすみがうら市観光協会公式ホームページ (kasumigaura-kankou.jp)
土浦市「ホワイトアリス号」
住所茨城県土浦市川口2-13-6(ラクスマリーナ)
運航時刻13時30分
操業期間7月下旬~10月中旬までの毎週土日祝日
料金大人1,570円、小人780円、未就学児無料
駐車場あり
アクセス電車:JR常磐線「土浦駅」東口から徒歩約10分
車:常磐道「土浦北IC」から約5分。または「桜土浦IC」から約10分。
電話番号土浦市観光協会 電話番号:029-824-2810
土浦市観光案内所 電話番号:029-821-4166
土浦市商工観光課 電話番号:029-826-1111(内線2705)
【見学船】(株)ラクスマリーナ 電話番号:029-822-2437
ホームページ遊ぶ・体験 | 土浦市観光協会 (tsuchiura-kankou.jp)

霞ヶ浦観光遊覧船「ホワイトアリス号」(土浦市)

引用:霞ヶ浦観光遊覧船 ラクスマリーナ『ホワイトアイリス号』 | 観光いばらき公式ホームページ (ibarakiguide.jp)

霞が関の沖合を航行する86名乗りの遊覧船で、霞が関湖畔の景色を楽しみながら、筑波山や阿武隈山脈も鑑賞できます。また、10月~4月頃はカモメの群れが船の周りを追従するので、船内で販売しているエサでエサやり体験もすることができます。

住所茨城県土浦市川口2-13-6(ラクスマリーナ)
運航時刻9:30/10:00/10:30/11:30/12:30/13:30/14:30/15:30/16:00/16:30
※12:30の便:夏の帆引き船運航日、土・日・祝は運休
※13:30の便:7月中旬~10月中旬の土日・祝日は帆曳船が鑑賞できる
※9:30/16:30の便:11月~3月まで休航
運休日12月~3月の水曜日、年末
料金大人1,570円、小人780円、未就学児無料
駐車場あり
アクセス電車:JR常磐線「土浦駅」東口から徒歩約10分
車:常磐道「土浦北IC」から約5分。または「桜土浦IC」から約10分。
電話番号(株)ラクスマリーナ 029-822-2437
ホームページラクスマリーナ 旧 京成マリーナ 旧 水郷汽船 (lacusmarina.com)

小堀の渡し(取手市)

茨城県取手市内を結ぶ取手市が運営している渡し舟で、利根川をはさんで市内中心と小堀地区を結んで運行しています。3つある船着き場のどこからでも乗船することができ、事前予約も不要で一周400円(大人)で乗船することができます。

実際に子どもと乗船した体験レポートも記載していますので、気になる方はチェックしてみてください。

住所茨城県取手市取手1丁目(取手緑地運動公園駐車場前、取手ふれあい桟橋)
茨城県取手市小堀(小堀(おおほり))
運航時刻午前9時から午後5時まで毎時運航(正午から午後1時までの間は運航なし)
運休日毎週水曜日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
※運航時は、各船着き場にピンク色の運航中ののぼり旗が揚がっています。
料金大人:1運航経路200円、一周400円
小学生:1運航経路100円、一周200円
未就学児無料
駐車場あり(取手緑地運動公園駐車場前、取手ふれあい桟橋のみ)
アクセス電車:JR常磐線「取手駅」から徒歩約10分
車:常磐道「柏IC」から約30分
電話番号取手市役所 水とみどりの課 0297‐74‐2141(代表)
ホームページ小堀の渡し | 取手市観光協会公式ホームページ (toride-kankou.net)

県西

高瀬舟さかい丸(境町)

近代に日本の河川で貨客の輸送に用いられていた船である高瀬舟を、観光船として復活させ遊覧船として運航されています。江戸時代に活躍した木造の高瀬舟をイメージした外観となっていて、船上からは江戸川が利根川から分岐する地点を見学することができます。
※水位が低いため現在運休中です。運航情報は公式HPにてご確認ください。

引用:境河岸・高瀬舟さかい丸 | 観光いばらき公式ホームページ (ibarakiguide.jp)
住所茨城県猿島郡境町利根川境河岸
運航時刻金・土・日曜:10:30発 / 13:00発 / 14:30発
運休日月~木曜日(火・水・木曜:予約貸切のみの運行)
料金大人1,000円、小学生500円、未就学児無料
駐車場あり
アクセス電車:東武スカイツリーライン線「東武動物公園駅」から朝日バス「境町」で下車し徒歩10分。
   JR東北本線「古河駅」から朝日バス「宮本町」で下車し徒歩5分。
車:圏央道「境古河IC」から約5分。または東北道「加須IC」から約30分。
電話番号道の駅さかい 0280-87-5011
ホームページ茨城県境町 高瀬舟での利根川遊覧|境町観光協会 (sakaimachi.jp)

まとめ

今回は、茨城県で船に乗れるスポット8ヵ所を紹介させていただきました。予約なども不要で気軽に乗れるスポットもあれば事前予約が必要なスポットもあるので、遊びに行く際は念のため公式HP等を確認してくださいね。なかなか船に乗る機会も多くないと思うので、ぜひこの記事を参考にして近くの乗船スポットに足を運んでみてくださいね

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました