【買って良かった!】寝返りマットレスのレビュー

fukudna1@

成長段階に応じて見直しが必要になる問題として、日中の赤ちゃんの居場所問題があるかと思います。私もその一人です。

我が家は新生児期は簡易ベッドに寝かせていましたが、生後3ヶ月くらいになってくると手足の動きも激しくなってきて、気が付けば足がベッドからはみ出ていたり、下の方にずり落ちていたりで居心地が悪そうだな、と思っていました。

また、あと少しで寝返りもするので簡易ベッドは危険かも、、、と思い、寝返りマットレスを導入しました。

寝返りマットレスが思った以上に便利だったので、こちらで紹介させていただきます!

スポンサーリンク

寝返りマットレスとは?

寝返りマットレスと言っても、特に定義などはなく、大人用のものを指したりもするようですが、いわゆる敷き毛布のことです。

私が購入したのは、以下の商品で、これがまたサイズも厚みも絶妙で我が家にぴったりでした。
値段は8千円台で安くはないのですが、作りがかなりしっかりしているので長く使用できそうです!

おすすめポイント

添い寝ができる適度な大きさ・硬さ

おすすめポイントは何よりも適度な大きさと、適度な硬さです。育児中は親も寝不足だったりするので、空き時間で少し横になろう、ということもあるかと思います。その際に赤ちゃんと一緒に並んでお昼寝ができる、というのが私にはぴったりでした。

横に寝ていると安心できますし、グズって寝てくれないときは、添い乳をして一緒に横になっています。

このマットレスは適度な硬さがあるので、寝るときも心地よいのですが、赤ちゃんのみならず上の子(2歳)のプレイマットとしても使用しています。この寝返りマットレスの上に大体兄弟どちらかがいます笑。

大きさも120×120でそこまで大きすぎないので、使用しない時は壁に立てたり、半分に折りたたんで収納しています。

折りたたみはメーカー推奨ではないので、自己責任ですが・・・

キルトパッドは洗濯できる

このマットレス自体は洗濯はできませんが、上のキルトパッドは取り外して洗濯可能なので、汚れてしまってもすぐに洗濯して清潔に保つことができます。

現在はキルトパッドは別売りなので、必要な方のみ購入することができます。

安心の日本製

安心の日本製というのも、赤ちゃんが使用するものなので大事なポイントです。

サイズ等の参考までに、以下に写真を載せておきます!(赤ちゃんは生後4ヶ月です)

この寝返りマットレスは安くはないですが、作りがかなり丈夫なので、下の子が大きくなるまで活躍しそうです!

いいものを長く使用することで、満足度を上げながらもトータルの費用は抑えていきたいですね

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました