【口コミ】赤ちゃんの寝返り防止・添い寝にはファルスカのベッドインベッドが良かった!

fukudna1@

赤ちゃんの寝る場所って、ベビーベッドを買うか添い寝をするか、とても迷いますよね。特に小さいうちは窒息の心配もあるので安全性も重要です。我が家も散々悩んだ結果、ファルスカのベッドインベッドを購入して大満足でしたので、参考までに共有させていただきます。

スポンサーリンク

ベビーベッドにする?添い寝にする?

赤ちゃんの寝る場所を決める上でまず悩むポイントとして、ベビーベッドと添い寝のどちらにするかということが挙げられます。床に布団を敷いて寝ている場合は、大人の隣にベビー用布団などを敷いて添い寝をすればいいのですが、ベッドで寝ている場合はベビーベッドを置くか大人のベッドで添い寝をするか悩むところです。以下にベビーベッドと添い寝で寝る場合のメリット・デメリットについてまとめています。

ベビーベッドのメリット・デメリット

  • 他の人の布団がかぶったり、踏んでしまったりなどの危険を防げる
  • 周囲の振動が伝わらないので、周りが動いても起きにくい
  • 汚れてもベビー布団だけの洗濯で済む
  • 添い寝ができない
  • 値段が高い(ベビー用布団も必要)
  • スペースを取る
  • 使用期間が短い

ベビーベッドはスペースを取る上に使用期間も短いので、レンタルという選択肢もありますよね。

添い寝のメリット・デメリット

  • 新たにスペースを設ける必要がない
  • 夜泣きなどにもすぐ対応できる
  • ベビーベッドやベビー用布団を買わなくても済む
  • 他の人の布団がかぶったり、踏んでしまったりなどの危険がある
  • 同じベッドで寝ている人の振動が伝わりやすい
  • 赤ちゃんがベッドから落下する危険がある
  • 添い寝をしている人の布団も汚れてしまうことがある

ベビーベッドと比べると気を付ける点は増えますが、出費も抑えられますし、何よりも赤ちゃんが隣で寝ているのはとても愛らしいです。

基本的にはベッドインベッドでの添い寝がおすすめ!

ベビーベッドを購入しても、寝返りが始まると結局寝返り防止のグッズを買ったり作ったりする必要が出てきます。我が家は長男のときはベビー用布団に加え、寝返り防止対策としてファルスカのベッドインベッドを購入し使用していました。しかし次男の時は、このベッドインベッドが寝返り防止だけではなく、寝返りが始まるまでは添い寝ガードとしても活躍したので、結局ベビー用布団は一度も使いませんでした。

子どもが1~2歳くらいになると、ベビーベッドやベビー用布団では収まらなくなるので、始めから後々も使える大人用の布団を購入し、ファルスカのベッドインベッドを使用するのが賢かったなと思っています。

我が家は次男出産時にはベッドで寝ていたので、後々使えるよう大人用ベッドを購入して私のベッドと繋げて使用していました。ファルスカのベッドインベッドを使用していましたが、念のため落ちないよう壁側に寝かせていました。

ファルスカのベッドインベッドについて

ファルスカのベッドインベッドは、多機能なのにそこまで値段も高くないので、添い寝や寝返り防止対策にもおすすめのグッズです。

ファルスカ ベッドインベッド エイド 添い寝 寝返り防止
created by Rinker

生後3ヶ月頃までは添い寝ガードとして

寝返りが始まる生後3ヶ月頃までは、大人の布団などが顔にかかるのを防いだり落下防止のために、三角クッションが赤ちゃんの顔の横に来るように使用していました(写真は生後半年なので少し大きいです)。大人の顔の隣に寝かせれば布団がかかる可能性も限りなく減らせるので、添い寝をする場合は念のため大人の顔の隣に寝かせましょう。

寝返りをするようになったら寝返り防止クッションとして

寝返りをするようになると、寝返りをして窒息をしてしまわないか、心配で夜何回も目が覚めてしまいますよね。このファルスカのベッドインベッドは寝返り防止の機能もあるので、これを導入してから私も安心して眠れるようになりました。

寝返り防止としては、公式には以下のようにクッションの間隔を狭めて使用するようです。

我が家では、腕が窮屈そう&赤ちゃんは足から寝返りをするので、以下のようにクッションを八の字にして足をガードするようにして使用していました。これで10ヶ月頃までは完全に寝返りを防止できていました。

もうハイハイをし出す頃には力が強すぎて寝返りを防げないので、シーツの素材を固めにするなどの対策で窒息には気を付けていました。

サイズ調整機能が秀逸!

上でも記載したように、赤ちゃんに応じたサイズに幅を調整できるのはもちろん、自由自在に斜めに角度を付けたりというのもマジックテープで簡単にできるので、それがとても快適でした。また、マジックテープなので素材が硬いのかな?と思いがちですが、赤ちゃんの肌に触れる敷マットは柔らかい素材でできているので、マジックテープを貼る部分の布地も柔らかく快適です。

コンパクトで軽く持ち運びに便利!

ベッドインベッドだと、それなりに大きさもあって持ち運びにくいのかなと思いがちですが、ファルスカのベッドインベッドは丸めると大き目の鞄にも入る大きさで、重量もとても軽いです。

カバーやマットは洗濯可能

クッションの中の詰物を除いては、すべて洗濯機で洗濯することができます。オムツ漏れやはき戻しなどで頻繁に汚れてしまうので、洗濯機で洗濯できるのはかなりありがたいです。

まとめ

赤ちゃんの寝場所問題は、安全性も考えなくてはならずとても悩みますよね。機能面でも優れていて、全体的な出費を考えてもファルスカのベッドインベッドはかなりおすすめです。特に寝返りが始まってからは、このベッドインベッドがあることで、安心して夜の睡眠ができていました。

ベビーベッドを使用している方でも、寝返り防止やベッドガードとしても優れていますので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました