【体験口コミ】チャイルドシートの代わりに使用できるスマートキッズベルトとは?

fukudna1@

家族で車で遠出をする際、子どもが2人以上いるとチャイルドシートを何台も付けなければならず、狭かったり大人が隣に座れない、など不便なこともありますよね。我が家の車は5人乗りで後部座席は1列シートのため、チャイルドシートを2台付けると大人が後部座席に座れず、遠出をする際はとても不安でした。

そこで導入したスマートキッズベルトにとても助けられましたので、こちらで紹介させていただきます!

スポンサーリンク

スマートキッズベルトとは?

スマートキッズベルトは、ポーランドで開発された、世界で唯一の携帯型子ども用シートベルトです。重さはなんと120gしかないため、持ち歩いて旅先でのレンタカーやタクシーでも使用することができます。

スマートキッズベルト
created by Rinker

※偽造品が出回っているそうなのでご注意ください。

おすすめポイント

チャイルドシートの代わりとして使用できる!

チャイルドシートを使用しなくても道路交通法違反にならないの?ということが一番気になるかと思いますが、このスマートキッズベルトはちゃんと日本の警察庁交通局より、道路交通法の定める「幼児用補助装置」への適合製品として使用を許可されています。そのため、チャイルドシートの代わりにスマートキッズベルト単体で子どもを車に乗せても問題ありません。

また購入した際に、使用許可があることを証明する警察庁発行の書類も同封してくれるので、私は念のためその書類を車のダッシュボードに保管しています。

私は先日3歳児・0歳児と旅行に行きましたが、3歳児のチャイルドシートをスマートキッズベルトに代えることにより私も後部座席に座れたので、高速道路も安心して走行することができました。

一番左側のシートベルトに装着しています↓写真ではシートベルトを締めています。真ん中に親が座っています。

全車種に対応している

なんとこのスマートキッズベルトは、3点式シートベルトであれば高さや幅は関係なく使用できるので、よほど特殊な車でなければどの車でも使用することができます。

取り付けも簡単

取り付けは以下の4ステップのみで、一度取り付ければ次からはそのまま使用できるので使い勝手も良いです。

 ①子どもを座席に座らせてシートベルトを装着
 ②下側のクリップをシートベルトの腰ベルトに固定
 ③上側のクリップが子どもの肩の位置に来るようにスマートキッズベルトを調整
 ④上側のクリップをシートベルトの肩ベルトに固定

他の人が座る場合は取り外す必要があります。

デメリット

外の景色は見えづらくなる

スマートキッズベルト自体のデメリットではないのですが、座席は通常の高さとなるため子どもにとっては座席が低く、外の景色が見えづらそうでした。

体重制限が15kg以上である

このスマートキッズベルトの適応条件は体重15kg~36kgとなるため、我が家の長男のように体が大きいと3歳から使用できますが、小さめの子どもは4歳ぐらいでやっと使用できる子もいるかと思うので、そこは少しデメリットかなと思いました。

まとめ

上にも記載した通り、我が家のように5人乗りの車のご家庭をはじめ、以下のような場合にはこのスマートキッズベルトがとても便利かと思います。我が家も遠出の際や、チャイルドシートの付け替えが面倒な時に重宝しています。

  • 5人乗りの車で後部座席に3人座りたい
  • 車が複数台ありチャイルドシートの付け替えが面倒
  • 旅行先で車を借りたり車で迎えに来てもらうことがある

お値段も3千円台とお手頃なので、2台目や3台目のチャイルドシートの代わりとして、また持ち運びもできるサブのチャイルドシート(子ども用シートベルト)として、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
フルタイムで会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました