【口コミ】スモルビ軽量抱っこ紐のレビュー

fukudna1@

赤ちゃんを迎える際に、どれを買おうかな、、と悩むものの一つに抱っこ紐があるかと思います。私もそのひとりでしたが、スモルビ軽量抱っこ紐が本当に便利だったので、こちらで紹介させていただきます!

スポンサーリンク

スモルビ軽量抱っこ紐とは?

SMORbi(スモルビ)の軽量抱っこ紐はラップタイプの抱っこ紐で、ママと赤ちゃんが密着できるので、赤ちゃんが安心してリラックスできるとされています。

おすすめポイント

新生児期から使用できる

何よりもまずありがたいのが、新生児期から安心して使用できることです。私は新生児期から使用できる普通のバックルタイプの抱っこ紐も持っているのですが、装着してみるとどうしても赤ちゃんが下の方にずれてきてしまい、赤ちゃんの首がとても不安でした。

そんな時にこのスモルビ軽量抱っこ紐を購入し使用してみると、赤ちゃんとママとしっかり密着でき、さらに首が固定できるので、とても安心して抱っこをすることができました。

生後3ヶ月の赤ちゃんを抱っこしている写真です↓首を入れるのが少し浅いですが、もう少し頭を深く入れればもっと安定します。

軽い!コンパクト!おしゃれ!

約189gという重さで、本当に付けているのを忘れます笑。検診や予防接種など、ベビーカーで乗り入れができない場所に行くときは、必ずスモルビ軽量抱っこ紐を着用して出かけていました。普通におしゃれで服のように見えるので、赤ちゃんを抱っこしていなくても赤ちゃんとの外出時は着用したまま過ごしていました。

畳んで収納ポーチに入れて持ち歩いても全然かさばらないので、赤ちゃんが大きくなってもセカンド抱っこ紐として重宝していますよ。

サイズ調整が可能

これも大事な機能で、我が家はパパの肩幅が大きくて同じサイズでは使用できなかったので、これ1本でパパもママも使用できるのは本当に便利です。また、サイズ調整の部分に目盛りが付いているので、自分のサイズを目盛りで覚えておけば、調整の度に何度も付けたり外したりする必要がないので助かりました。

ねじれ防止マークがありがたい

普通の抱っこ紐でもそうですが、装着の際に肩布がねじれてしまうことがあるかと思います。スモルビ軽量抱っこ紐では肩布にねじれ防止マークのタグが付いているので、ねじれが起きることなくスムーズに着用することができます。

素材が気持ちいい

抱っこ紐は赤ちゃんがハムハムしたりするので生地も気になるところですが、このスモルビ軽量抱っこ紐は天然由来のテンセルモダール素材と綿の混紡生地を使用しているそうで、触ってみると柔らかくてとても気持ちいい感触です。

私はこの肌触りもとても気に入っています。

洗濯機で洗濯できる

これは本当に嬉しいポイントで、ネットに入れて普通に洗濯機で洗濯できるので、時間がない中で余計な手間がかからず本当にありがたいです。

新・スモルビ軽量すやすや抱っこ紐の便利な新機能

私が購入したときはまだ以下の機能がなかったのですが、新たに追加された機能を見て、もう一つ欲しくなってしまいました笑。

ヘッドサポート機能がついた!

このヘッドサポート機能、本当にありがたいです。前の商品でも補助ベルトを使用する仕様だったのですが、新しい商品ではヘッドサポートパッドが付いていて、そのヘッドサポートパッドを補助ベルトに入れて赤ちゃんの後頭部を支えるように装着することで、低月齢の赤ちゃんでも安心して抱っこをすることができます。

前の商品では低月齢の赤ちゃんを抱っこする際、赤ちゃんの顔を横に向けて抱っこ紐に頭を入れることで安定させていたのですが、完全に安定しているわけではないので、どうしてもある程度は片手で頭を押さえる必要がありました。ですが、ヘッドサポート機能が付いたことで完全に両手がフリーになるので、ますます便利になりそうです。

抱っこしたままサイズ調整が可能に

なんと新しい商品では、赤ちゃんを抱っこしたままサイズ調整が可能になったそうです!サイズ調整部分に目盛りが付いていたのでそれだけでもありがたかったのですが、赤ちゃんを抱っこしたままサイズ調整ができれば、より最適な抱き心地になりそうです。

デメリット

我が家ではかなり重宝しているスモルビ軽量抱っこ紐ですが、個人的にデメリットだと思っている点は以下の2つです。

長時間使用すると疲れる

私は赤ちゃんの体重が8㎏を超えたくらいから、長時間使用すると疲れるようになりました。他の人の口コミでもそのような口コミがあるので、長時間の使用にはあまり向いていないかもしれません。
我が家の場合はセカンド抱っこ紐として使用しているのであまり問題ではないのですが、抱っこ紐はスモルビ軽量抱っこ紐のみと考えている方にはデメリットとなります。

肩を上げると肩布がずれ上がってしまう

この抱っこ紐は、親の肩回りを覆うようなかたちで着用するため、高い位置のものを取るなど手を上げる動作をすると、肩布がずれ上がってしまうことがあります。

私はあまり気になりませんが、頻繁に手を上げることがある場合は少し気になるかもしれません。

個人的な評価

上にも記載したとおり、私は荷物が多かったり、ベビーカーで出かけた時に使用するセカンド抱っこ紐として使用しているため、便利な点ばかりでとても重宝しています。
ただ、最大20㎏まで使用はできますが、やはり布タイプの抱っこ紐で赤ちゃんが大きくなるにつれ着用はしづらくなっていくので、抱っこ紐は1つしか買わない!という方には、ベビーラップやスリングタイプではなく、一般的なキャリータイプの購入をおすすめします。

こちらは、低月齢の赤ちゃん用や、持ち運びが便利なセカンド抱っこ紐を探している方、ファッション性を重視している方にぴったりの抱っこ紐です。

旧バージョンは安く買えます

スモルビ軽量抱っこ紐は現在は最新版が出ているため、私が使用している旧バージョンは約2千円ほど安く購入できます。

大きな違いはヘッドサポートの有無となりますが、首がすわるまでは少し不便だけど安く購入したい!という方にはこちらがおすすめです。

個人的には旧バージョンでも十分快適です。

まとめ

スモルビ軽量抱っこ紐は本当に持ち運びに便利で、赤ちゃんもすやすや寝てくれるので、我が家に欠かせない育児グッズとなっています。

キャリータイプの抱っこ紐ではない抱っこ紐を探している、という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました