つくばの「さくら交通公園」は自転車練習や交通ルールを学べるだけじゃない!駐車場や混雑情報も紹介

fukudna1@

さくら交通公園はつくば市にある、道路を模した敷地内で自転車やゴーカートで遊べる公園です。道路にはちゃんと信号や標識もあり、公園内と言えど本物の道路を走っているようです。今回は、3歳児を連れてさくら交通公園に行ったところ、予想以上に楽しめたので駐車場や混雑情報も含め紹介させていただきます。

スポンサーリンク

さくら交通公園とは

茨城県つくば市にある乗り物をテーマとした公園で、敷地内は実際に作動している信号をはじめ標識や高架などもあり、まるで本物の道路を走っているかのような作りとなっています。自転車やゴーカートのレンタルがあるだけではなく、滑り台やブランコなどの遊具や、蒸気機関車「D-51」の展示などもされていて、いろいろな遊びができる公園となっています。

遊具・設備の紹介

道路を模した敷地内

公園の敷地内は、本物の道路のような設計となっていて、写真の通り信号のある交差点もあります。実際の道路ではありませんが、基本的にはみなさん交通ルールを守って走行しています。自転車の練習をしている子どもも多いので、信号無視をしてしまっても怒られるなどはもちろんありません。

信号だけではなく、橋の上や高架なども設けられています。

貸し自転車・ゴーカート

さくら交通公園では、自転車と足踏み式ゴーカートの貸し出しがあるので、自転車を持っていく必要がないのも嬉しいポイントです。補助輪や持ち手が付いた小さい子ども用の自転車から、大人用の自転車まで幅広い大きさの自転車を選べるので、自転車を買う前のお試しとして利用することもできます。

我が家は今回、3歳長男が自転車に乗れるか試す目的もありさくら交通公園を訪れました。結論、まだペダルはいらないようでストライダーの方がいいそうです。

貸し出し時間・料金

時間:午前10時から午後4時30分まで
料金:足踏み式ゴーカート=1時間100円、自転車=1時間50円
※月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)は保守・点検のため利用不可。

蒸気機関車「D-51」の実物展示

公園の一画にある駅に停車しているかのように展示されているのは、蒸気機関車「D-51」の実物です。他の公園にある蒸気機関車の展示は乗車はおろか触るのも禁止の場所が多いですが、こちらの蒸気機関車は運転席に座ることもできます。

蒸気機関車に乗ったのは初めてで、とても嬉しかったよ!

ブランコ・滑り台・砂場

交通公園なので道路や乗り物だけなのかと思っていましたが、行ってみるとブランコ、滑り台、砂場の普通の公園にある遊具エリアも設置されていました。自転車やストライダーに飽きた小さい子どもたちで、遊具エリアもとても賑わっていました。

我が家の長男もほぼ遊具エリアの砂場で遊んでいました。。。

トイレ

アムステルダム風の駅舎を模した建物に、事務所と共にトイレが設置されています。オムツ交換用のベビーベッドもあります。

駐車場

駐車場は1ヵ所のみで、42台が収容可能となっています。駐車料金は無料です。

食事

公園内には食事を購入できる場所はありませんので、公園内で食べる場合は持参することとなります。広くはないですが芝生エリアもあり、ベンチもたくさん設置されているので、公園内でピクニックしながら食べている方も多いです。

混雑状況

我が家が行ったのは3月の天気が良い日曜日でしたが、それなりに混んでいました。自転車に乗っている子どもも多かったので、3歳の長男が公園内の道路を走る際は、常にぴったり並走していないと危険だなと感じました。ですが下の写真のように人が少ないエリアもあるので、自転車乗り始めの子はこのような場所で練習すると良いと思います。

駐車場は、常に満車で2~3台が駐車場の入口で空きを待っている状態でしたが、入れ替わりも結構あるので長くても10分くらい待てば駐車できる印象でした。

施設情報

【住所】茨城県つくば市吾妻4-3-3
【利用時間】9:00~17:00
【休館日】12月28日~1月4日まで(木曜日は貸切利用で利用できない場合あり)
【アクセス】つくばエクスプレス「つくば駅」から徒歩16分

まとめ

さくら交通公園は、自転車の練習や交通ルールを学ぶだけではなく、蒸気機関車や普通の遊具でも楽しむことができるおすすめの公園です。

また、自転車デビューのため試しに自転車に乗りたいという方にもぴったりの場所ですので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか

スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました