子どもと宿泊

【口コミ】ホテルレイクサイドつくばが予想以上だった!乳幼児連れにもおすすめ!0歳・3歳児との宿泊体験レビュー

fukudna1@

先日、夏場のプールでも有名なホテルレイクサイドつくばに0歳・3歳児と宿泊しました。そのレイクサイドつくばが予想以上に良く、乳幼児連れでも快適に宿泊できたので、その感想と子連れの方へのおすすめポイントを中心にご紹介いたします。

スポンサーリンク

ホテル レイクサイドつくばの紹介

ホテルレイクサイドつくばは、茨城県つくば市にあり、牛久沼のほとりに佇む自然に囲まれたホテルです。テニスコート、フットサルコート、ゴルフ練習場、屋外プール(夏期のみ)などの数多くのレクリエーション施設も備えている一方、都心から1時間程度のアクセスにも関わらず天然温泉の露天風呂もあるので、研修から観光まで、様々な目的の方が宿泊されています。

ホテルレイクサイドつくば【公式】 | 茨城県つくば市の宿泊施設 (lakeside-tsukuba.jp)

良かった点

今回とても快適に過ごせたのですが、その良かった点をこちらでご紹介します。

客室が豪華で清潔

今回私たちは2家族で宿泊したため、和洋室に宿泊しました。建物自体は新しいわけではないのであまり期待していなかったのですが、入ってびっくり、とても広々としていて照明も素敵で、思わず声を上げてしまいました。

清掃も行き届いていて、洗面室やトイレも広く、とても快適に過ごすことができました。今回宿泊した和洋室の他にも、露天風呂付の客室や、ツインルーム、和室など、人数や好みに応じていろいろな客室タイプが用意されています。

食事が豪華でおいしい!

宿泊のメインは食事!という方も多いかと思いますが、とにかく食事がとても良かったです。基本的には和会席のようですが、あんこう鍋コースやつくば鶏コース、常陸牛などメインの食材を選択できるプランもあります。

私たちはあんこう鍋プランを予約しましたが、あんこう料理の他にも刺身の船盛りや焼物など、本当に豪華な食事で食べきれないほどでした。もちろんお刺身も新鮮で、他のお料理もとてもおいしかったです。私もいろいろな旅館やホテルに泊まりましたが、この値段でこの食事を食べれるのはなかなかないと思います。

温泉の泉質と露天風呂も良い!

温泉の泉質は弱アルカリ性ということもあり、温泉に入った後はお肌もスベスベです。また、地下には広々とした露天風呂もあるので、朝早く起きて牛久沼を眺めながら入るのも、景色が良くて最高に気持ちいいです。

赤ちゃん・子ども連れにもおすすめの理由

私は今回、0歳・3歳児と宿泊しましたが、こちらでは乳幼児連れの方におすすめのポイントをご紹介します。

子ども用の食事が用意されている

夕食も朝食も、きちんと子ども用の食事メニューが用意されているので、子どもの食事の心配はいりません。また、子どもが喜ぶメニューとなっているので、偏食の我が子でも食べれるものが多かったです。写真は子ども用の朝食です。

食事会場にベビーベッド完備

こちらは赤ちゃん連れの方はとても助かりますが、食事会場にベビーベッドが用意されていて、使用の際は座席の近くに移動してくれるので、赤ちゃん連れの方でも落ち着いて食事を楽しむことができます。

子ども用の浴衣がある

こちらも地味に嬉しいポイントですが、子ども用の浴衣も用意されているので、子どものパジャマを持参する必要はありません。ただし、ズボンはないので寝冷えなどが心配な方は、パジャマのズボンは持参することをおすすめします。

浴室にはベビーベッド&ベビーバス完備

こちらも赤ちゃん連れには大事なポイントですが、浴室にはベビーベッドとベビーバスが完備されているので、赤ちゃんと一緒に入浴することができます。ただしバスチェアはないので、ハイハイや歩き始めの子どもが一緒の場合は親の洗髪時には少し注意が必要です。

ベビーソープやベビーローションなどは用意されていないので、必要な方は持参しましょう。

離乳食の温めや哺乳瓶消毒は対応してもらえる

離乳食の温めや哺乳瓶消毒の際は、フロントかレストランにお願いすれば快く対応してもらえます。ただし哺乳瓶消毒の消毒器はないので、電子レンジ消毒の場合は、消毒器は持参する必要があります。

和洋室はしきりがある&露天風呂付の客室がある

和室やツインルームからプラス2~3000円の値段で和洋室か露天風呂付の客室を使用できるので、赤ちゃんや子どもがいる場合は、少し贅沢をして和洋室や露天風呂付の客室を取るのもおすすめです。和洋室の間は襖で仕切ることができるので、三世代や二家族での宿泊には本当に便利です。また、露天風呂付の客室を取れば、赤ちゃんや子どもとゆっくりお風呂に入ることができるので、それもまたいいですよね。

少し不便だったこと

大浴場と露天風呂が離れている

全体的にとても満足だったのですが、唯一不便だったのが室内の大浴場は2階にあるにもかかわらず、露天風呂は地下1階に位置していることです。浴室内で移動することはできないので、移動する場合は服を着てホテル内を移動する必要があります。

子どもたちを2回入浴させるのは大変なので露天風呂は子どもが寝た後に一人で行きました。同時にどちらも行けたら良かったな~

周辺に観光地がない

こちらはホテルとは関係がないのですが、ホテルレイクサイドつくばの周辺には観光地らしい観光地はありません。つくば市街地に行くにも車で2~30分程かかるので、観光やレジャーと組み合わせて行くのも少し不便です。ですが、レクリエーション施設を使ったり温泉に入るだけの目的でも、また行きたいと思えるほど料理も温泉も良いホテルでした。

僕たちはホテルに泊まった後牛久大仏に行ったよ!

まとめ

今回は乳幼児連れの方におすすめのポイントを中心に紹介させていただきました。ホテルレイクサイドつくばのお料理は豪華でとてもおいしく、客室も温泉含め、この値段でこのクオリティのホテルはなかなかないと思います。

ここはホテルの他にもグランピング施設も設置されているので、次はグランピングにも挑戦してみたいと思います。

アクセスは少し不便ではありますが、夏場のプールの時期など、ぜひ子ども連れで宿泊してみてくださいね

じゃらんでホテルレイクサイドつくばを予約する 一休.comでホテルレイクサイドつくばを予約する Yahoo!トラベルでホテルレイクサイドつくばを予約する
スポンサーリンク
ABOUT ME
ふくなん
ふくなん
製薬業界にて会社員をしながら2人の男の子の子育てをしています。趣味の旅行欲を満たすべく子どもとお出かけしたスポットや、自らの子育てで経験した便利な情報を発信しています。 また、現在は子どもの脳と食事の関連性を勉強中です。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました